No.011 T邸 新築工事

ガラスとコンクリート打放しの住宅です。南面には鉄骨フレームの上に強化ガラスとFRPグレーチングのバルコニーにガラスの手摺を設け、開放的なバルコニー空間となっています。屋根は外断熱を施し、南面の大きなガラスも高断熱の遮熱複層ガラスを用い、夏の日差しによる温度上昇を抑えています。 地下室にはライトコートを設け、太陽の光が届くテラスとし、夏は涼しく、冬は暖かい、風の通る地下室となっています。 玄関にあるコンクリートの打放の壁で囲まれた空間はシューズボックスとなっており、美しい空間を創っています。

竣工年月日 建築場所 名称 規模・構造等
2008年 西宮市 No.011 T邸 新築工事 RC造 地下1階地上2階建 専用住宅

構造別 施工事例 construction case according to structure

新着 施工事例 new construction cases

企画中物件 article when being planning

  • №036 K邸新築計画

    №036 K邸新築計画 新築工事

    RC造3階建て 専用住宅

  • №035 賃貸住宅3棟 新築計画

    №035 賃貸住宅3棟 新築計画 新築工事

    木造2階建て 賃貸住宅

  • №034 N邸新築計画

    №034 N邸新築計画 新築工事

    RC造3階建て 専用住宅

  • №033 D邸新築計画

    №033 D邸新築計画 新築工事

    木造2階建て 専用住宅

構造別 施工事例一覧

"構造別 施工事例一覧"

に戻る場合はこちら